週末サーファーブログ

身の回りで起きている事を気ままに書いています

韓国高速バスの乗り方

 

こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は韓国で高速バスにのる際の注意点を書いていきます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず乗車場所の確認です。

 

 

 

 

 

 

 

写真は高速バスターミナルの江原道方面行き乗り場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高速バスターミナル内はかなり広く乗り場も多いので時間に余裕を持って乗り場の確認ができるといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に預け荷物についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内は座席の上に収納がありますがかなり狭いです。その為大きな荷物がある場合は乗車前に荷物入れへ預ける必要があります。その際、日本ですと係の方が手伝ってくれることがほとんどだと思いますが、韓国では各自預け入れを行います。一度入れた荷物は基本的に降車時まで受け取れませんので注意しましょう。例えば飲み物等リュック等に入れたままであれば出しておくなどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗車する際ですが、バス乗車口にある機械へQRコード(オンラインチケット)またはチケット(券売機窓口発券)のバーコードをかざします。座席がアナウンスされチェックインが完了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座席は予約時に自分で指定しますしチケットにも反映されています。確認して乗車しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また前方のモニターにチェックイン済みの座席が表示されています。隣に誰かくるかなどが確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発車時刻になると運転手さんが、シートベルト(安全ベルト)の確認をしにきます。乗車中は必ずシートベルトをしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗車中気分が悪くなったりした場合、エチケット袋もバスによっては完備されているようです。必要な場合は運転手に確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江原道方面ですと目的地まで1度SAに途中停車します。トイレはその際に行く事が可能です。トイレ休憩は15分とアナウンスされますが全員が揃ったら再出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が高速バスの乗車について注意ポイントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました。