週末サーファーブログ

身の回りで起きている事を気ままに書いています

韓国襄陽(ヤンヤン)までの運転

こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国、양양(ヤンヤン)までのルートとしてレンタカーを使う場合、運転の注意ポイントについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、韓国で運転する場合は国際免許証が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の運転免許センター(即日)か警察署(数週間)で事前に発行しておきます。レンタカーを借りる現地にて必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に大きな違いは左ハンドルであり、走行車線が右側通行となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは最初不安に思う方もいるかと思いますが、実走行して慣れていくしかないです。ソウル市内住宅地のような場所に迷い込まない限り狭い道はほとんどありません。また外国人向けレンタカーのような価格設定の高い車であれば安全装備がついているのでモニターやアラートを確認しながら落ち着いて運転すれば擦ったりする事はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に韓国の高速道路についてです。韓国の高速道路は有料の箇所があります。しかし日本と比べて料金はかなり安く設定されています。日本同様にETCのようなレーンが設置されていますがカード(hi-pass(하이패스))がないと利用できません。(実際には通過できますが、エラーとなり後から請求がされます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので現金の料金所を通過し通行券や支払いを行ないます。で、その現金(현금)ゾーンはハングルが読めないとわかりません。また支払いをする際に金額が聞き取れません。僕は全く聞き取れず大きいお金を出していたら少額の紙幣が手元に大量に残りました。交通カード(Tマニー)も支払いに使えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に実際の運転ですが、日本と比べて格別にマナーが悪いような事は僕は感じませんでした。もちろん人によっては荒いなと感じる車もありますが、日本も同様かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードは、日本よりは速度制限が緩く(高く)設定されています。つまりスピードが出せます。しかし速度取締り機が数キロごとに設置されています。走行していると速度取締り機のアラートが表示されてスピードが出過ぎていると警報がなります。僕はクルーズコントロールでほぼ全行程を進みました。もちろんステアリングもアシストしてくれます。高速以外でも利用できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路の車線ですが、ソウル周辺は車線数が多く片側10車線道路もあります。ヤンヤンまでの高速道路で対面通行になる道はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本同様にサービスエリアが何箇所かあり、トイレだけの休憩所も設置されています。休憩もしっかり取りながら運転できますし、運転できる人がいれば交代しながら向かう事ができます。SAでは日本でも見かける食べ物等もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上ヤンヤンまでの運転で注意するポイントをまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました。