週末サーファーブログ

身の回りで起きている事を気ままに書いています

韓国のサーフパラダイスへはどうやっていく?

こんにちは!!!

 

 

 

 

 

 

 

今日は韓国江原道にあるヤンヤンへの行き方について書いていきます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江原道へは仁川空港からバスまたはレンタカー、ソウル市内からバスまたはKTXで向かう事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本からサーフボードを持参するのであればレンタカー一択です。高速バスを利用する場合は仁川空港から江陵(カンヌン)行きにのり江陵からバスやタクシーを利用します。バスは金浦空港も経由するようですが、本数が限られている為か廃線になったのか検索しても引っかかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は仁川空港でレンタカーを借りてヤンヤンへ向かう方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国のレンタカー予約ですが、ロッテやハーツ等大手のレンタカー会社が外国人向けに予約を受け付けています。僕は旅行支援アプリであるklookにて予約しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直前予約となると割高になるようなので早めに予約する事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国のレンタカーですが、外国人向けのものは24時間単位で課金され割高感があります。しかし車は割と最新の機能を備えたものが用意されますので安心できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険等は日本と同様にオプションで選択が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は詳しく分かりませんが、海外旅行ですのでもしもの時の為に色々な保険を調べて任意で加入するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーの店舗は24時間オープンではない為、飛行機の到着時間に注意しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また乗り捨てですが、基本的にはできないようです。ソウル市内での乗り捨てにて予約しましたが、当日に不可とされました。仁川空港でかり金浦空港へ返す事は可能なようですが、金浦の方がレンタル料金が高くつくようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また当日のレンタカー手続きは英語対応でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は韓国での運転について書いていきます!!!